すかいうぉーかー

ECOでなんかやってます。(クローバーワールド)
CHARACTER (50音順)
アイカ
アリューネ
カリス
キャリス
サーヤ
シエル
シンフォニア
スコア
スメラギ
ノイズ
フォルテ
ペルデ
マギナ
ラプソディア
リズム
リーン
ルベリエ
レネット
レリック
レンフルード
ロス
CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
  MailTo : reverier☆hotmail.co.jp
  (☆を半角アットマークにかえて下さい)
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< #245 ドレスアップ | main | #247 きっとそれは些細な変化 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
#246 見事な仕事だと感心はするがどこもおかしくはない


【一日経って】











レンフルード:やあ、お待たせ。


ロス:おや、遅かったですね。


レンフルード:うん、ちょっと荷物を受け取ってたから。


ロス:荷物?


レンフルード:リーン。君宛だよ。


リーン:えっ。 だ、誰から?


レンフルード:それは見てのお楽しみ、かな。


リーン:わ……解ったわ。ここで開けてもいいの?


レンフルード:いや、部屋に戻ってからのほうがいい。中身は服みたいだから。


リーン:!


ロス:!


レンフルード:ん?


リーン:……開けてくる! ペルデ、着いてきて!


ペルデ:らじゃ。










レンフルード:で、何かあったの? 2人して妙な顔してたけど。


ロス:いえ、少し前に服の話をしてたのを思い出しましてね。


レンフルード:へえ、じゃあ丁度良かった……のかな?


ロス:どうでしょうね。 戦闘に耐える服、がオーダーでしたから。


レンフルード:あ。


ロス:ん?


レンフルード:いや、まあ……それならきっと、丁度良いかな。


ロス:戦闘用の服なのですか、あれは?


レンフルード:うーん。少なくとも、その辺の鎧よりは頑丈だと思うよ。




  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・




マスター:戻ってこないね。


ロス:はて、庭はそんなに遠くには出していなかったと思いますが。


レンフルード:着方に迷っているのかな?


ロス:そんなに複雑な服なのですか。


レンフルード:巫女系の服は独特な作りになってるから、それに慣れていれば大丈夫だと思うんだけど。


ロス:ふむ……。そう言えばかなり前ですが、黒基調の着物を着ていたことがありましたね。


レンフルード:え、いつの話?


ロス:私が彼女と初めて出会ったころですから、結構前ですよ。


レンフルード:ふぅん、知らなかったな。


ロス:しかし、確かに遅いですね。そろそろ様子を────。


リーン:……ただいま。


ロス:っと。お帰りなさい、遅かったで………










リーン:………。


ロス:………。


レンフルード:………。


リーン:………。


ペルデ:みんな、黙った。


ロス:うっ……いや、……何と言いましょうか。


リーン:何よ……似合わないなら似合わないって言いなさいよ。


ロス:逆ですよ。もっと違和感があると思っていたのですが。


リーン:え………。


ロス:似合ってますよ、リーン。


リーン:あ、う、その…… あり、がと……。










レンフルード:サイズとか、動きやすさはどう?


リーン:あっ、そう、それなんだけど。 ……おかしいの。


レンフルード:おかしい?


リーン:サイズぴったりなの。 それに、結構布も多いのに、着てみると全然重くなくて。


ロス:ほう。それはまた、凄いですね。


マスター:でも、余り頑丈そうには見えないけど。


リーン:そう……なのよね。 ………。


ロス:何か、気になる点でも?


リーン:ええ。……ちょっと、ここだとアレなんだけど。


レンフルード:じゃあ、外へ出ようか。


ロス:ああ、それじゃあ私はこれを飲み終わったら行きますよ。先に行っててください。


レンフルード:解った。


リーン:ペルデ、ヤブ医者に着いていて。


ペルデ:らじゃ。










ロス:行ってしまいましたね。


マスター:………。


ロス:どうかしましたか。


マスター:君は何も感じなかったのかい。


ロス:何か、と仰いますと。


マスター:ああ、いや……そうか、君は冒険者じゃなかったね。仕方ないか……?


ロス:あの服のこと、ですか。


マスター:! あ、ああ、その通りさ。


ロス:………。


マスター:上手く言えないんだが……、その、なんだ、……違和感があると言うか。


ペルデ:店主。


マスター:んっ!? な、なんだい?










ペルデ:あれは、エレメンタラーの職服。


マスター:えっ?


ペルデ:ノーザンが保有する魔術師用の装飾、その一種。


マスター:い、いや、あの。


ペルデ:ただちょっと彼女の姉代わりの人が装飾に凝り過ぎただけ。


マスター:いや、だから、違和感は外見だけではなくて……。


ペルデ:装飾に凝り過ぎただけ。


マスター:あの、ちょっ……。


ペルデ:装飾に凝り過ぎただけ。


マスター:………。










凝り過ぎただけ。










あっ……ハイ……。










ゴリ押した……!!




| ECOつれづれ | 17:33 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 17:33 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする